日々のくだらない話題について


by jinotaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

FreeNASでRAID1/5、iSCSIのテスト&ベンチマーク

FreeNASとはTeraSationみたいなNAS(Network Attached Strage)をPCで安価に作成するためのフリーソフトウェアだ。8,000円を切っている1TBのHDDを4台、安いAtomのマザーボード、2000円切った2GBのメモリ、あとは安価なケースを組み合わせれば5万円以内で4Tバイトの容量を持つNASが作れると言うわけだ。

しかし実際にどれくらいのパフォーマンスを持つか調べてみないと・・・ということで、とりあえずテスト。インストールはものすごく簡単。というか、インストールは必要ない。まずはFreeNASのサイトからイメージをダウンロードし、DD for Windowsを使って書き込むだけ。あとはこのUSBでPCを起動させればNASができあがる。まぁ実際にはネットワークの設定などもするのだが、このあたりは省略。

で、いくつかのパターンで構築し、ベンチマークを取ってみる。まずは現在の環境でベンチマーク。まずは旧テラステーションで構築したRAID5にたいして、VistaからCrystalDiskMark2.1を使ってベンチマークを取得した。

TeraStation-RAID5

次にWindows 2003 Server上に構築したRAID5に対してベンチマーク。CPUはArhron64 X2 4000+で、ディスクはWD10EACSを4台でRaid5を構築している。

Windows-RAID5 Benchmark

そしてここからがFreeNAS。CPUはArhron64 X2 4000+で、ディスクはWD10EACSを2台でRaid1を構築してベンチマーク。

FreeNas-RAID1 Benchmark

次に同じくFreeNASで、ディスクはWD10EACを3台でRaid5を構築してベンチマーク。Windows Server 2003+RAID5とのベンチマークと比較する場合にはCPU,HDDは同じだが、HDDの台数がFreeNASは3台の点に注意。4台は用意できなかった・・・

FreeNas-RAID5 Benchmark

最後にFreeNAS+RAID1なんだけど、RAID1上にiSCSI Targetを作成して、それをVistaからマウントしてそこにベンチマーク。

FreeNas-RAID1-iSCSI Benchmark

以外と早くないことにびっくり。CIFS経由でアクセスするよりはオーバーヘッドがない分、iSCSIの方が早いと思ったんだけど、見事に裏切られた。

なんとなく、読み書き速度が40M行かないのはネットワークカード(Vista、FreeNASともにRealTek 8169)のせいな気もしなくもない。でも今の状態でも十分使えるスピードだ。次はiScsi+VMWare ESXiの組み合わせでテストしてみたいと思う。
[PR]
by jinotaro | 2009-01-11 18:34 | server