日々のくだらない話題について


by jinotaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Eye-fi Connect X2でiPhoneへのダイレクトモード転送を試す

 デジカメから直接無線LANで写真をFlickr等のPhotoサービスに送ってくれるEye-Fiが、スマートフォンへ(iPhone/Android)の直接転送に対応した。前からiPhoneからTwitterにつぶやく際に使用する写真をデジカメにできないかと思っていた僕は、とりあえず飛びついてみることにした。

■■ダイレクトモードを試してみる。
 以下の手順でEye-Fiを設定する。

1.Eye-fiのSDカード内に収められているアプリを立ち上げると、アプリケーションのインストールおよびアップデート、Eye-fi自体のファームウェアのアップデートが起動する。出荷時はダイレクトモードに対応していないのですべて行う。またEye-fiのアカウントを作成する。
2.Eye-Fi Centerを起動し、ダイレクトモードを有効にする。
3.iPhoneのアプリをインストールし、Eye-fiのアカウントでログインすると、SSIDとパスワードが表示されるので、パスワードをコピーする。
4.カメラで写真を撮る。
5.iPhoneの設定でWi-fi見ると"Eye-Fi Card"から始まるアクセスポイントが見えるので、接続する。パスワードは先ほどクリップボードにコピーしたものをペーストする。
6.アプリを立ち上げると自動的にダウンロードされる。

こんな感じで非常に簡単にあつかえる(ようにはじめは見えた)。

■■問題
しかし少し使ってみただけで問題が2つほど出てきた。

■アプリを起動する前に手動でAPを切り替えないといけない(場合がある)
 家や会社にいてiPhoneがすでに無線LANにつながってる状態でダイレクトモードを試そうとすると、そちらのAPが優先されてしまう。そのため、カメラを立ち上げた後Eye-Fiが無線APモードになるのを待ち、手動でAPをEye-Fiに切り替えてあげる必要がある。とはいえ、家にいるときに使うようなものでもないので、実際は問題にならないのかもしれない。

■iPhoneのアプリが使えねー
 アプリを立ち上げた直後は良いのだが、一度APとの接続が切れた後また写真をとったりしても同期してくれないことが多々ある。というか、成功したことがない。そのため、毎回下記の手順を踏む必要がある。

1.Eye-FiアプリをiOSのタスクマネージャから手動で落とす。
2.カメラを立ち上げる
3.iPhoneの設定からAPをEye-fi側に切り替える。
4.アプリを立ち上げる。

意外と面倒なのである・・・

■■本来やりたかったこと
■理想
 せっかくのEye-Fiなので以下のような運用を夢見ていた。

・うちに帰ってデジカメ立ち上げるとすベてのメールをPCにコピーする。
・エンドレスモードを有効にすることで、送信済みの写真を古いものから自動的に削除し、メンテナンスフリーに。
・Twitterで投稿したい物のみ、ダイレクトモードでいPhoneに転送。

■現実
・ダイレクトモードとPCへのコピーは同列のため、iPhoneかPCかしか選べない。
 (上記以外にFlickrなどのオンラインサービスは別のアクションを選択できる)
・送信する対象はすべてのファイルか、デジカメで保護をかけたファイルのみ。

■■最終的な運用
 結局以下のような運用に落ち着いた。

・写真のバックアップとしてのPCへのコピーは従来通りUSBを使用する。
 (Eye-Fiの意味なし)
・転送モードをPC・オンライン共に保護されたファイルのみを対象とする。
・iPhoneに転送するときには、対象のファイルをデジカメ上で保護にし、アプリを立ち上げる。

 これでやりたいことは、大体出来るようになった。あとはiPhoneのタコなアプリをバージョンアップしてくれれば・・・ APが切り替えられないのはiOSの仕組み上仕方ないとしても、アプリは改善の余地ありだろ!

■■おまけのバッテリー考察
 無線LANを使う以上、バッテリーは消費する。いろいろ試していたせいもあるが、30枚とったところで電池のゲージが3から2になった。ただし、これは設定ツールのEye-fi Centerで転送モードをすべてのファイルを転送する、にしたせいだとおもわれる(というか、これがデフォルト)。このモードにすると、写真を撮る=転送対象のファイルが発生するということになるため、無線LANが常時ONになってしまう。これは転送モードを保護した写真のみを転送する、に変えることで、無線LANはほぼ常時OFFのままになる。再生モードで写真を保護にしたときに初めて無線LANを使用するようになるからだ。上記の運用ならば、十分電池は持つようになるとおもう。
[PR]
by jinotaro | 2011-05-14 08:20 | camera