日々のくだらない話題について


by jinotaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:car( 28 )

車の速度やエンジンの回転数、冷却水温度やブースト圧などの情報を取得し、Android上で表示するソフトが有るということで早速試してみました。



必要なのはELM327と呼ばれる車のOBD端子より車の情報を取り出し、Bluetooth/USB/Wifiで送信するアダプタが必要になります。今回は三月兎で6000円弱のBluetooth版をで買ったのですが、楽天のお店で買った3000円弱のやつは何回交換しても30秒で通信が切れるというシロモノでした(返品しました)。ELM327は中国産のかなり安価なクローンが出回っているので、気をつける必要があります。ODB端子自体はここ7,8年くらいに販売開始した車なら必ず付いていると思います。特に欧州や米国で販売されている車なら2000年前後発売の車種でも付いているはずです。



取り付け手順は簡単!

1.車のOBD端子にアダプタを付ける。
2.AndroidのBluetooth画面でデバイスをスキャンし"CBT"というデバイスを
  リンクする。
3.Android MarketでTORQUEというソフトを購入し(300円だったかな・・・)、
  インストールする。
4.設定画面のOBD ADAPTERの選択で"CBT"を選択する。

あとは好きなようにメーターや単位を設定するだけです。僕は2種類設定してみました。設定したメーターはフリックで切り替えることが可能です。



普段使ってるのはこの画面。左上から速度計・ブースト計・時計・タコメーター・冷却水温度です。



高速や山に入るとこっち。速度計とタコメーターです。

反応は0.3秒ほど遅れる感じですが、特に問題にはならないです。また表示できる項目も排気温やアクセル開度といった車のセンサーで取得された値であったり、Androidのセンサーで取得した縦G・横G、それらをもとに計算したトルクや馬力など様々です。車を持っていて、色々と情報を表示させてみたい方は是非!
[PR]
by jinotaro | 2011-07-03 23:54 | car

77777



とうとうオイラの車も77,777Km達成。2002年8月製造の車なので、1年あたり平均で11,111Km走ったことになる。さすがに7年走ると色々とクルマもぼろくなってくる。そろそろ本格的なオーバーホールの時期か・・・
[PR]
by jinotaro | 2009-08-31 09:41 | car

今日の小話

日産のディーラーまで新型フェアレディZの試乗に行く途中の話。家の近くで古い赤のアルファロメオに出会った。多分ジュリアGTVだと思う。1960年代の車だ。いまでもすごい人気がある車で最低でも200万はするんじゃないだろうか。そのときの彼女との車内での会話。

俺「アルファロメオだねぇ」
彼女「あれイタ車だよ」
俺「そりゃアルファロメオなんだからイタリアの車だろ」
彼女「そうじゃなくてイタ車なんだって」
俺「だからイタリアの車だろ」
彼女「そうじゃなくてパンツ出した女の子が書いてある」
俺「!」

そう。彼女が言っていたのはイタリア車ではなく「痛車」だったのだ。2車線の道でちょうど横に並ぶことが出来たので、斜め後ろから見てみると「STRIKE WITCHES」と書かれていた。ボンネット・ドア・窓に躊躇無く女の子の絵が貼られている。

いやぁ、すごいわ・・・俺にはいろんな意味で出来ない・・・
[PR]
by jinotaro | 2008-12-07 22:20 | car
とある事情によりレーダー探知機が手放せず、YUPITERU社のGPS&レーダー探知機を使用している。機種はYPR208Siである。

で、あるとき元同僚がBluetooth付きのGPSユニットを買ってきて自分のドライブログを記録し始めた。なかなか楽しそうで自分もやりたいなぁ、と思っていたそのときにふと思い出した。自分のレーダー探知機に走行ログをGoogle Earthに表示できる機能が有ることを・・・

そうとわかれば、さっそくやってみる。やり方は簡単で、ログ機能をONにして普通に走行すればよい。で、レーダー探知機のSDカードスロットにSDカードを入れると、自動的に記録されている走行ログのコピーが始まる。あとはそれをYUPITERUのサイトからKML変換ツールをダウンロードして変換すれば出来上がり。出来上がりはこんな感じ。

はやぶさ温泉~白彩

SDカードにコピーされたデータを見ると、どうやらNMEA-0183フォーマットらしい。CSV形式で時間、緯度、経度、速度、方向、チェックサムが記録されている。高度が記録されないのがちょっと残念かな。これなら別にYUPITERUのツールを使わなくてもどうにでもなりそうな感じ。

ちなみに私が使っているドコモのP905iにプリインストールされている地図アプリにも、GPS情報を記録できる機能が有るのね。この記録データをKMLに変換できるソフトがあるみたいなので、こっちもそのうち試してみたいと思う。
[PR]
by jinotaro | 2008-08-10 22:17 | car

七夕はRX-7の日

7月7日はRX-7のセブンの日ということで、毎年7月7日には横浜のD黒埠頭にたくさんのオーナーが集まってきます。自分も年に一回のお祭りということで、いけるときはだいたい参加しています。今年ももちろん参加してきました。

ついたのは19時半頃だったのですが、天気予報が雨だったせいか例年に比べるとRX-7の台数も若干少ないなぁ、という感じ。でも時間がたつにつれてどんどん増えて、9時過ぎには200台以上集まっていました。毎年21時頃になるとPAがいっぱいになってしまうため、退去勧告が出されてPAは封鎖されてしまうのですが、今年は若干駐車スペースに空きがあったせいか、特に規制されることなく最後まで楽しむことが出来ました。

たくさん写真も撮ったんだけど、人やナンバーがばっちり写りすぎなので、2階からとった全体写真を。来年もまたこれるといいなぁ。

セブンの日
[PR]
by jinotaro | 2008-07-08 00:24 | car

道志みちからヤビツ峠へ

今日のはいつもにましてダラダラ日記。久しぶりに1人でドライブに。まずは246を南下して小山町のあたりまで行くことに。登坂車線でトラックを抜けども抜けどもその前にはさらにトラックが。。。あきらめてその後ろを燃費走行。ここのところのガス代は月当たり4万円を超えている。マジ泣ける・・・

小山町についたのが25時頃。ここから山中湖まで徐々に自分の中のボルテージを高めながら走る。前に山梨でいきなりボルテージあげて突っ走って事故ったからな・・・

山中湖まで10Kmも走っていないのに途中鹿を5匹も見かけた。携帯のカメラで撮ろうとしたが写ったのは暗闇のみ。ま、そりゃそうか。途中で道を間違えて富士スピードウェイの前に出てしまったのは内緒。山中湖のセブンイレブンでトイレに行ったついでにお茶を購入。

中山湖から宮ヶ瀬湖までは道志みちをえんえんと北上。前半は比較的ゆるやかなカーブが多いが、このまさわキャンプ場のあたりのカーブは結構きつい。それでも調子よく踏んでいけるのはいつもより馬力が低く押さえられているからだろうか。実はブーストコントローラに付属のソレノイドバルブの調子が悪くなったので、今メンテナンスに出している。そのためにブースト圧が0.55程度に固定されている。馬力的には230馬力くらいしか出ていない。おかげで多少乱雑にハンドル切ってもリアが暴れるようなこともない。宮ヶ瀬ダムの手前でいったん休憩。ここでも鹿を2匹発見。

そしてヤビツ峠へ。MR2に乗っていた頃は結構本気で走ってたけど、FDでは遊びに来た程度しかない。まじめに攻めてみたが、やっぱりヤビツは狭い。MR2とFD3Sの全幅なんて6cmくらいしか変わらないはずなのに窮屈に感じる。ただFDはよく曲がる。ハンドル切ってアクセル踏んでいけば勝手にそっち向いてくれる感じ。MR2だとこの後に突然リアが滑り始める感覚が襲ってくるのだが、それがない。まぁFDの限界に達するようなところまでタイヤを使い切ったら間違いなく自分がコントロールできないけど。

ちなみにヤビツ峠でも鹿を5匹発見。最後に見た2匹は親子だった。子鹿はガードレールの下を軽々くぐれるくらいに小さくてかわいい奴だった。今日見た鹿は合計で12匹。新記録であった。

本当は高速を使わないでおこうと思ったが、結局秦野中井ICから東名で帰ることに。ちょっと休憩時間をとりすぎてしまった。なんだかんだ5,6時間走ってたんじゃないだろうか。たまにはこういうのもいいね・・・
[PR]
by jinotaro | 2008-06-18 00:35 | car

カーナビ購入

カーナビを買い換えた。またカロッツェリアのCYBER NAVI。これ以外使ったことない。今回買ったのは最新型の最上位モデルだが、毎年6月くらいに新型が出るせいか、20万以下で大安売りされていた。思わず購入。

ちなみに今まで使っていたのは5年近く前に購入したAVIC-ZH9MDで、今回購入したのはAVIC-ZH099G。どちらも2DINに収まるタッチパネル式のCYBER NAVIである。

まだそんなに使い込んでないけど、今まで使っていたナビと比較してみたり。

■■ よくなった点 ■■

■BLUETOOTH
 携帯とワイヤレス接続ができるようになった。これのおかげで別に取り付けていた通話用のハンズフリーユニットが要らなくなった。また、CDの楽曲情報(アーティスト名やアルバム名、楽曲名など)・天気情報や渋滞情報などもワイヤレスでネットから取得してくれる。もちろんパケット代はかかるけど、このまま使うと1か月に+1000円弱くらいだろうか。ちなみにBLUETOOTH対応は一つか二つ前の機種からしてるかもしれない。
■スマートループ
 携帯でネット接続して渋滞情報を送受信してくれる。これが一番うれしいかも。エンジンをかけてナビが起動して携帯とBLUETOOTHで自動接続すると、ネットから渋滞情報などをダウンロードする。おかげでVICSなどが交通情報を拾わなくてもいきなりマップ上に渋滞情報が出るようになった。情報量もVICSの5倍らしい。またこっちの走行情報をサーバに送ることでこれからの渋滞予測に役立ててくれるらしい。10~20分ごとに更新してくれる。
■CD→HDDの転送が4倍速
 地味な機能だけど、今までは再生と同時にHDDに録音しかできなかったのが、バックグラウンドで4倍速で録音してくれるようになった。何気にありがたい。
■画面がWVGA化?
 きれいになって情報量が増えた。もっとも使い勝手向上にはほとんどつながっていない。
■地デジ対応
 別に使わないのでどうでもいいんだけど。運転中には見れないし、うちの相方もTVは見ない。ただ、電波はめちゃくちゃひろう。半地下の駐車場や鉄筋コンクリートの建物の中でもひろう。
■音声認識
 これは初代から付いている機能だが、音声認識率が向上している。電話番号検索などはもう音声だけで確実に認識するようになった。
■自車位置修正
 これも地味な機能だけどありがたい機能。たまに高速を走っていると、並行している一般道を走行していると誤認識することがある。その時に音声入力「自車位置修正」一発で、修正することができる。誤認識されないのが一番だけど、旧機種では首都高でよく誤認識していただけに、この機能はありがたい。
■データ更新
 今回買い換えた一番の原動力。パイオニアに送らなくても、自宅でDVDを使用してHDD内の地図の更新ができる。
■オービスデータ更新
 今までの機種はオービスデータをCD-ROMで購入してインストールするしか方法がなかったが、新しい機種は携帯でネット接続して購入&ダウンロードが可能になった。まぁおいらは知らなくてCD-ROM買っちゃったけどさ・・・

■■ 悪くなった点 ■■
あまりない。たくさんあったら嫌だけど。

■メニュー階層が深くなった
 行先ボタンなど減っているボタンもあり、同じことをするのに、手順が複雑になっている操作がいくつかある。これは音声入力のメニューも同じ。いきなり「渋谷駅へ行く」などで目的地を音声入力できなくなった。交通情報を聞けるボタンが無くなったのも痛い。

■■ よくわからない点 ■■

■リモコンが付いた
運転手が使う簡易なリモコンとは別に、携帯電話と同じサイズくらいの多機能なリモコンが付いている。といっても音声認識でほとんでカバーできるのと、タッチパネル操作ですべての操作ができるのに、なぜリモコンが必要なのかが理解不能。

今のところこんなところかな。もうちょっと使ってみたら追記するかも。

*追記

2008/5/8
■■ 良くなった点 ■■
■MP3の取り込み
 Windows用の専用ソフトでコンパクトフラッシュにコピーしてあげる必要はあるものの、MP3とWMAをHDD内にそのまま取り込めるようになった。
■■ 悪くなった点 ■■
■ルート検索が遅くなった
 新規ルートの検索やりルートが前の機種に比べて倍近く遅くなっている気がする。たぶん扱う渋滞情報などが増えたせいだとは思うが、これはいただけない。
[PR]
by jinotaro | 2008-05-02 09:13 | car

朝からひとっ走り

といってもマラソンではなく車の話。今日のコースは
自宅→御殿場→芦ノ湖スカイライン→箱根ターンパイク→小田厚・東名→自宅
ってな感じ。彼女は今日までの仕事が残っていたので、久しぶりに一人でお出かけ。

芦ノ湖スカイラインから

行きは小雨が降っていたが、芦ノ湖スカイラインまできたら晴れ間がのぞくくらいの天気にはなった。今日は時間がないので4時間くらいのドライブだったけど、GW過ぎたらもっと遠出してやるっ。
[PR]
by jinotaro | 2008-04-20 16:27 | car

デントリペアが破格で!

 2ヶ月くらい前に気が付いたのだが、うちの車の運転席側のドアに凹みが二つほど出来ていた。ひとつはドアの後ろの方にある1円玉くらいの小さな窪み。もうひとつは、一見2,3cmくらいの単なる窪みに見えるが、よく見ると縦方向に直線状にへこんでおり、全体では10cm近くに見える大きな窪み。どこかの駐車場に入れたときにとなりの車にぶつけられたのであろう。再塗装無しでへこみを直せるデントリペアの修理費用をネットで調べると、直径1cmの窪みで1万、2cmの窪みで2万、それ以上は応相談という感じである。金銭的な余裕も無いのですぐには直せそうに無かった。自分の車は外見が命だと思っているので、へこみのある車に乗るのは辛い。実は精神的に参っていた。でもGWで時間があったので、いくらくらい修理費がかかるのか実際に電話して調べてみることにした。

Googleで近所のデントリペア屋を検索すると、いくつか検索に引っかかる。何軒か電話をかけてみたが、一番近くにあるショップが一番手ごたえがあった。

私:「デントリペアしたいのですが」
店:「ひとつ8000円です」
私:「(大きさとか聞かないのかな?)大きいのと小さいのがあるので1万6千円と言うことですか?」
店:「同じ面ですか?」
私:「はい」
店:「じゃ、1万円でいいです」
私:「(え~、他の店だと4,5万って言われたけど・・・)わかりました。いつ入れますか?
店:「いつでもいいですよ」
私:「じゃ、すぐもって行きます。」

この時点でははっきり言って疑心暗鬼(笑)。きっと見せたら「あ~、この大きさかと3万かかりますね~」とか言われるんだろうなと思って3万おろしてからショップに向かう。

店についたらおじさんが出てきた。「じゃ、傷の方確認しますね」といいながら蛍光灯を縦に設置した傷を確認するための道具を出してきて、傷を確認する。そうすると大きい方の傷は実は縦にものすごく長くて、2つの大きな傷から出来ている事がわかる。多分15cmくらいになるのではないか。あちゃ~、これは高そうだな・・・と思ったときおじさんがいった。「じゃ、3,40分で直すのでテレビでも見ててください」と店の待合室に通される。

で、40分後。「傷の方を確認してください」といわれて見てみたが、確認も何もあまりにも綺麗に直っててわからない。問題ないことを伝えると早速会計。もちろん1万円だった。

店:「誰かに紹介されたんですか?」
私:「いえ、ネットで調べたら電話番号と場所がのっていたので電話してみました。」
店:「あぁ、なるほど。まだはじめたばかりで宣伝もしてないのにどうして、って思ってたんですよ。うちは業者からの仕事がほとんどなんですよ。」
私:「そうなんですか~」

ってな感じで、どうやら業者価格だったらしい。窪みは直るし、とても安かったしで本当にうれしい。ということで、今日行ったところを勝手に宣伝。

名前: デントリペア・タナカ
住所: 神奈川県川崎市宮前区馬絹1509-6
電話: 044-866-5209

尻手黒川道路沿いで、246と尻手黒川道路とが交差するところから100mくらい梶ヶ谷方面に向かった左側。今回の価格ははじめたばかりの特別価格だっただけかもしれないので、これを見て連絡した方もこの価格を強要しないようにお願いする。作業結果は非常に満足だった事は再度付け加えておく。
[PR]
by jinotaro | 2007-05-06 14:28 | car
今日は元同僚のSさんとドライブに。箱根から御殿場に抜けてさっさと帰ってくる予定で出かける。

Sさんを回収し小田原厚木道路から箱根ターンパイクで大観山に向かう。GWはじめのわりには車も無く快適なドライブ。去年GT40などレアな車に出会う事が出来た大観山ドライブインでは面白そうな車はほとんど無かった。ただ今日は久しぶりに晴れたということもあって富士山はとても綺麗だ。



Sさんが今日は早いのでちょっと北側を通って帰ろうという。それならということで久しぶりに勝沼の七福に行く。ここのほうとうは本当おいしいのだ。

その後青梅街道から帰ることにする。ここの上り坂は相変わらずうちの車にはきつい。水温が何度も100度に達しようとする。そのたびにギアをあげて燃料の噴出量を増やし水温を下げる。なんとか奥多摩湖にたどりつきそこから奥多摩周回道路に入り20号に向けて南下した。途中で駐車場に入り、都民の森から奥多摩を撮影する。



ここまでは言うことの無いドライブだった。しかしれから先が悪夢の始まりだった。奥多摩周回道路も終わった頃、途中でカーブにたどり着くたびに速度が20Km/hにおちるISTとそのスピードの変化に過敏に反応するクラウンに出会った。そのすぐ後ろで走っていたのだが、本当に疲れてしまった。ISTのおかげでどんどん後ろに行列が出来る。

10分も走るうちにISTの運転手が気づいたのか、ハザードを出して左によってくれた。それを抜かしたおかげで大分スピードが上がる。それでも大分遅い。なのでクラウンを追い抜くことにした。

見晴らしのいい直線で追い抜ける十分な距離があることを確認して右から追い抜きにかかった。車の1/3がクラウンの横に並んだ時。なんとクラウンが幅寄せしてきたのだ!もうよける暇は無いのでフルアクセルで抜きにかかる。結構広い道路だったが、右側いっぱいによるはめに。Sさんいわく10cmくらいしかドアミラーとドアミラーの間隔は無かったらしい。

あきらかにこいつは危ないクラウンだ。リアガラスはフルスモークだったし、タイヤは19インチか20インチの派手なホイールをはいていた。その時点で危ない人かも、と気づくべきだった。バックミラーを見ると白髪の混じったひげを生やしたおじさんが乗っているが、精悍そうな人だ。その後、走行車線と反対車線を行ったりきたりしながらパッシングしてくる。Sさんに「ごめん、面倒くさいことになりそう」と謝る。

途中で信号があったので、あきらかに誰も走らない方向に曲がってみたが、きっちりと付いてきてパッシングを繰り返す。仕方ないのでこいつから逃げ出すことに。自分がどこを走ってるかわからなかったが、なんとか撒くことに成功。何度かやばい目にもあったがもうそんな事はどうでもいい。気が付いたら20号まで出てきていた。

そこからは渋滞に巻き込まれながらゆっくりと246を進む。本当は高速でぱりっ、とかえるはずだったが、中央高速は例によって小仏トンネルで大渋滞。東名も渋滞らしい。
結局予定から遅れること5時間。やっと帰る事が出来た。

本当に疲れた1日だった・・・
[PR]
by jinotaro | 2007-04-30 21:04 | car