日々のくだらない話題について


by jinotaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

うたた寝

ちょっと無印のビーズクッションの上でうたた寝をしていた。

「バタバタバタッ!」

子供が走り回る様な音が、隣の部屋から聞こえてくる。

(俺しかいないのに・・・)

とりあえず見に行こうと体を動かそうとしたら、見事なまでに金縛り。金縛り自体はしょっちゅうなるので別に驚くこともない(霊的な物かどうかは関係なく事実)。大体こういうときはもう一回寝るか、脱力していればだいたい動けるようになる。

しかし今日のはちょっと違った。手を少し動かすことが出来たので目の前に持ってくることが出来たのだが、見えないのだ。正確には手がある場所が蜃気楼のように揺らめいているというか・・・ わかる人には光学迷彩がかった状態と思ってもらえればよい。

(あちゃ~、もしかして死んだか俺・・・)

と思ったが、しばらく手を動かしながらその揺らめきを楽しんでいるとまた眠ってしまった。

そして今起きたわけである。まぁ夢なのだろうが、夢の中でも今と同じくリビングの真ん中でビーズクッションで寝ていたのが面白い。ちょっと寒気もするが気のせいって事で・・・
[PR]
by jinotaro | 2006-05-21 11:26 | etc

家中に線をはわせる

 Tera Stationを買ったのはいいが、パソコンが置いてあるリビング(として使っている和室)にはこれ以上設置することは出来ない。足元においてあるパソコンやラックに配置しているサーバから発生する熱で部屋が暑くなってきているためだ。

 で、1階と2階を無線LANで接続して2階にサーバルームを作ることにした。実際これはうまくいった。音もしずかになったし、心なしか部屋の温度も下がった気がする。問題は何も無かったかに見えた。1点を除いては。

 Tera Stationに保存している動画を再生しようとすると、コマ落ちするのだ。また手元にあるデータをTera Stationにコピーしようとすると、3日くらいかかる・・・ Tera Stationを1階にもっていくべきかとも思ったが、ここは根本的な解決を図ることにした。

 1階にあるルータから2階のサーバルームまでLANケーブルを引っ張るのだ。ついでにHubもすべてGigabit HUBにしてあげることにした。

 ヨドバシカメラで20mのLANケーブル2本と両面テープタイプの取付金具を買ってきて作業を始めたがすぐにあきらめる。直線的に配置する所は問題ないのだが、扉にあわせてケーブルを這わせたり、階段と天井の間のへりを這わせるような作業には力不足だ。仕方ないのでDIYに行ってトンカチとコの形をした金具を買ってきた。

 もう一回穴をあけるときめたらガンガン壁に打ち付けまくる。両面テープと違い、しっかりとケーブルを固定することが出来る。2時間くらいかかったがなんとかサーバルームまでケーブルを配置することが出来た。(ちなみに20mでたりた。一個あまっちったよ)

 とりあえずテスト。ここまで時間とお金をかけて繋がらなかったらどうしよう・・・と思いながら、無線LANをはずしてHUBを配置する。おそるおそる自分のPCからファイルのコピーを試みると、なんとも無かったように正常にコピーできた。

 階段からケーブルがみえてしまうので、どうにかしたい気もするが、とりあえず満足。もう一台くらい無駄にサーバを置きたくなってきた。
[PR]
by jinotaro | 2006-05-13 17:09 | server

テラドライブ買った

嘘。Tera Stationをかいました。1Tバイトのやつ。バッファロ純正の再生品ってやつです。だから安かったのだ。本体にちこっと傷があったけど。

こいつはRAID5が使えるので信頼度が高いうえに、NASなので依存するマシンがないのがよし。最近は消えたら困るデータ(主に写真)が増えてきたので、HDDのバックアップをどうするか、本当に悩んでいたのだ。

使ってみるとHDD4台入っている割には音は静か。しかしいったん書き始めるとうるさい。ちょっと書き込んだだけでもHDD4台に同時に書き込みに行くので仕方がないか。速度は思ったほどは出ない(80MBPSくらい)が実用上は十分。

ということで、しばらく使ってみます。
[PR]
by jinotaro | 2006-05-11 21:08 | server
一昨日の朝、いつものようにWebを巡回していたら、どこかのニュースサイトで「初代オバQ声優の曽我町子さん死去」なんて記事があるのを見かけた。そのときは「へぇ~」位にしか思わなかった。

 今日別のサイトを見ていたら、この人って俺が幼稚園だか小学生のころにやっていたデンジマンのヘドリアン女王をやっていた女優さんでもあったということを知る。敵のボスキャラの癖に、妙にファニーだったキャラクターの事を思い出した。

 特に応援していたとか言うわけではないのに、こういう話を聞くとちょっと寂しくなる。どんどん昭和の思い出は無くなっていくのね・・・
[PR]
by jinotaro | 2006-05-09 08:24 | tv

清里のおまけ

 5/1~3まで行っていた清里で撮った写真の中で、ブログに乗せようと思って忘れてた写真を一枚。

 ペンションで草むしりように買われているヤギのテッド君なんだけど、なにせハンサムなのだ。本物は写真よりもっとハンサムでクール。


[PR]
by jinotaro | 2006-05-08 08:42 | travel

清里最終日

 尾白川、清里と続いた旅行も今日で最終日。

 朝起きると大分疲れがたまっていた。一昨日はトレッキング、昨日はひたすらお散歩と体を動かし続けているせいだろうか。

 二日間お世話になったペンションにて最後の朝食を取る。昨日のパンもおいしかったが、今日のパンもうんまい。バターを付けてからフライパンで焼いているらしい。最近は朝食を野菜ジュースだけですます日々が続いていたのでこんなに朝飯くったら太るだろうなぁ・・・と思いながらも、今日も完食。

 天気も今日は晴天になってくれた!外に出ると本当に八ヶ岳がきれいに見える。しかしふと横を見ると、昨日の雨のおかげで我が愛車はありえないほどに汚くなっていた。とりあえず出発前にオーナーにバケツをかりて洗いはじめる(笑)。洗車が終わるととうとうペンションを出発する時が。本当に気持ちのいいペンションだった。安いし、きっとまたくる。

 今日は野辺山方面にてサイクリングをする。駅前の観光案内所にてマウンテンバイクを借りて走り回る。JR小梅線の清里駅と野辺山駅の間にあるJR標高最高地点で写真を取ったりしているとなんとなく観光客気分(いや実際そうなんだけどさ)。

 一番面白かったのは野辺山宇宙電波観測所だった。大きいものから小さいものまで数えられないほどのパラボナアンテナが立ち並んでいた(貰ったパンフレットを見たらちょうど100本っぽい)。その中でも一番大きい45m電波望遠鏡と6台のアンテナからなるミリ波干渉計はかっこよかった。ほんとに。特にミリ波干渉計は28個ある台座の間を、台車を使って移動できるんだよね。さすがに移動シーンは見れないけれど、20m近い大きさの施設が移動するなんてかなり燃える(not 萌える)。



 5時間ほど野辺山で過ごした後、土産を道の駅で買い込むことにする。会社用のお土産はすんなり決まったが、自分&実家用のお土産はなかなか決まらず。そちらは近くの手作りハムのお店で買うことに。

 清里は手作りハムとソーセージのお店が多い。大体きれいにラップしてあって、試食品がおいてあって自由に食べることが出来るようになっている。しかし今回行ったハム日和はちょっと違った。なんつーか肉屋である。相方も「本格的なんだけど・・・」とちょっとびびり気味であった。店がまえはでかいのにほとんどが解体用スペースで、お客さんが入るスペースはほとんどない。2~3人はいったらもういっぱいである。でも本格的なだけあって、肉はうまそうだった(笑)。自宅と自分と相方の実家のためにいくつか購入して帰路に着く。

 帰路は順調そのものだった。高速を使わずに実家によってから帰ると150Km位の道のりだ。大体5時間程度でうちについた。

 家に帰るとさすがにぐったり。3日間振り返ると、トレッキング、散歩、サイクリングと体を動かした記憶しかない。こりゃさぞやせただろうなぁと思って体重計に乗ると・・・

「ふ、ふえてる・・・」

そりゃそうか・・・動いたからいいやと思って結構食ったもんなぁ・・・ ソフトクリームとか2本くったし(笑)

そんなオチをつけて今回の旅行はおしまいっ!
[PR]
by jinotaro | 2006-05-03 23:59 | travel

清里二日目

 昨日に引き続き2日目。

 2日目の朝は大雨と雷からスタート。昨日はあんなに暖かかったのに、今日は寒い。朝飯を食べながら、大雨の中どうするかを考える。結局結論は出ずに部屋に戻ると雨が小雨になってきたのでとりあえず散歩に出ることにした。

 ペンションでもらった周辺の散歩マップを元にぷらぷら歩く。県が管理している牧草地に入ると目の前には広々とした草原とその向こうに八ヶ岳が見える。小雨が降っていなかったら間違いなく寝転んでいるところだ。その牧草地を横切り、林の中の散歩道を通って清里駅方面と歩いていった。

 清里の駅前は大昔にミニ原宿と言われた佇まいを今も残している。昔と違うのはだいぶ色あせてしまったことと、人がすっかり居なくなってしまったことくらいであろうか。それでもお土産ショップや小物店をみて歩くのはとても愉しい。昨日は大量に買い物をしてしまったので、今日はデジカメを貸してくれた妹のためにストラップを購入するくらいでウィンドウショッピングに専念。

 しばらく歩いていると雨がまた強くなってきた。持っていた折り畳み傘では役不足になってきたので傘を購入。清里駅周辺を一通り歩いたので、次は「萌木の村」に。

 萌木の村は清里エキスであふれていた。ちょっとした丘にさまざまな店やレストランが点在しているのだが、その店舗はアルプスの小屋みたい。そして扱っている物はフラワーアレンジメントに牛乳にパン、ソーセージに手作り革製品にジャムにオルゴール!ちょっとくらくらしながらそれらの店舗を回りちょっと遅めの昼食を食べる。

 夕飯までの時間を考えて、ランチセットではなく一品物を頼んで二人で食べることに。ソーセージ6種とシーザーサラダとチキンのガーリック焼きをお願いして待つこと数分。えっと・・・量が多すぎDEATH・・・ 二人で食べてもすこし食べ残すくらいの量だった。

 飯を食ってるとお客さんから電話が。昨日から起こっているトラブルのヘルプの依頼だった。といってもこちらは清里。一度ペンションに帰って情報収集することに。寒くなってきたからちょっと洋服を着込みたいというのもあった。

 部屋でお客さんに電話しながら仕事をすること1時間半。一通り区切りがついたので、再び散歩開始。清里駅と反対の方に歩き始める。コートドゥベールというところでウサギに餌を与えていると、ウサギに囲まれてしまった。ウサギって臆病な生き物じゃなかったっけ? まるで井の頭公園の鯉のごとく、餌に群がってくる。ちょっと引きつつも餌がなくなったので退散。でも可愛かったよ。うん。

 予定ではこのままぐるっとまわって清里駅を超えアンデレ教会(何回見てもツンデレ教会に見える)に行こうと考えていたが、いよいよ寒くなってきたので帰る事に。朝の散歩でも通った牧草地をショートカットしていると、雨も上がり草原の向こうに山が見える。



 ペンションに帰るとまたちょっとお仕事して夕飯に。イタリアンのコース料理だったがとても美味しい。パスタからピザからステーキまで本当に美味しかった。これではまた太ってしまうなぁ、きっと。

 今日1日だけで10Km近く歩いた気がする。昨日と同じようにベッドに入ってすぐに眠ってしまうのであった。

 最終日につづく。
[PR]
by jinotaro | 2006-05-02 23:59 | travel

そして清里へ

 今年のゴールデンウィークは2年続いた宮古島旅行はやめに(金無いし)。変わりに行くことにしたのはなぜか清里。どうして清里なのかはいまだにわからない。清里に決めて予約したうちの相方に聞いてほしい。

 で、1日目。4時間しか寝ていないが4時におきて6時前に出発。高速をぶっ飛ばしてSAにとめたのはいいが、気温が高くなっているのをすっかり忘れてすぐにエンジン止めてしまった。そしたら見事にオーバーヒート!苦労してクーラントを補充したのはいいが、エア抜きが充分には出来ず最初の目的地の尾白川でまたもやオーバーヒート。今度はいくら補充してもすぐに噴出す有様で、エンジンの自然冷却を2時間待つ羽目に・・・

 ということで2時間遅れの10時から尾白川のトレッキングを開始。渓谷沿いを上流沿いに向けて歩き出す。案内板によれば90分で一番奥にある不動滝に着くはずなのだが、どう見てもそんな気はしない。案内板の50%遅れのスピードで進んでいる。道はかなりハードだ。川沿いに進むということで普通のトレッキングコースを想像していたのだが、とんでもない!下手な登山コースよりもかなり厳しい。崩落しているところも多く、崖に向かって足を滑らせることも何度か。道とはいえない場所も多く、木の根っこをよじ登るような所もある。それでも何とか3時間近くかけて一番奥の不動滝に着いた。


ツリークライミングだよ、これ


両側崖なのに、まんなかに樹

 不動の滝は巨岩に囲まれており、本当に雄大だ。その巨岩の上で横になって休んでいるといつの間にか寝てしまった。zzzZZZ・・・・・・


不動滝

 帰りは疲れもあって足がプルプルしているのを抑えながら降りることに。何回かこけそうになりながらも1時間半かけてスタート地点に戻った。(うちの相方はドリフばりにケツからこけてました)

 その後は八ヶ岳リゾートアウトレットへ。ここのショッピングモールはちょっと変わっている。山中にあることもあり、店によってかなり高低差がある。山歩きで疲れた体には相当つらい。しかしその割にはジーパンと靴を2つずつ買いこんでしまった。いつもはほとんど買わないので、かなり珍しい。なんだかんだいって、ここでも4時間近い時間をつぶすことになってしまった。

 そして夜8時過ぎにやっと宿に。清里といえばペンションってことで、当然ペンションである。ブルーイングリーンというところで、清里にしては新しいところ。清里は年号が昭和だった頃に流行ってたくさんのペンションが出来たが、ブームが廃るとともに大量につぶれたらしい。実際、ペンションにつくまでの間にもいくつか廃屋を見た。それでも最近は清里ならではの物を前面に押し出すことでちょっと復活してきている。ここも風景と食事を売りにしているようで、なかなか期待できる。

 中の雰囲気はなんつ~か「清里だなぁ」って感じ(笑)。とてもメルヘンでロマンチック。部屋の様子も小さいながらも天井は高く天窓が着いており、ロフトもある。お風呂も温泉じゃないけれど、檜の壁で出来ていてとてもきれいだった。

 ベッドに入ったのは自分にしては早く12時前。前日の睡眠不足と想像以上のハードなトレッキングの疲れですぐに眠りについてしまった・・・

 ということで、2日目に続く。たぶん。
[PR]
by jinotaro | 2006-05-01 23:59 | travel