日々のくだらない話題について


by jinotaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

目標達成

高校のときから29になるまでほとんど体重は変わらなかった。しかし30を手前にぶくぶくと太り始めた。特に食生活が変わった訳ではない。単に年食ってカロリー消費量が下がったのだ。中年太りというやつだ。

たぶん13~14Kgくらいは太ったんじゃないかと思う。怖くて体重計に乗ってないので正確なところは分からんけど。でも太ること自体は別によかったのだ。相方が「痩せなよ」と口うるさい事以外は。

しかし去年の冬はひどい風邪を2回ひいたせいで3Kg以上痩せてしまった。その時、それを契機にこのまま痩せてしまえば・・・という思いがちょこっと頭をよぎった。うちの相方が体質改善(相方のね)とかいって食事をダイエットに最適な豆腐料理やサラダを中心としたものに変えていたことも手伝ってさらにその思いが強くなった。

とはいえ苦しいことが大嫌いで、三日坊主大王な俺が「今日から飯食わん」とかやっても続くわけがない。苦しくなくてモチベーションが続く方法を考える必要がある。そこで3つのルールをもうけるだけにした。

1.朝御飯を野菜ジュースにする。
2.間食を「なるべく」しない
3.毎日体重計に乗る

なるべく、の基準は自分では買わないけどもらうほうは遠慮なくってかんじで。逆に言えば、飯はラーメンだろうが焼肉だろうが普通に食うし、飲みにも行く。ただ食べ過ぎないように気をつけるだけだ。目標はもちろん元の体重である。

はじめは野菜ジュースにしたのがきつかった。昼までにお腹が減りまくるし、なにせ野菜ジュースが大嫌いなのだ。しかし嫌いなのでちょびちょびしか飲めない。飲めないから昼までもつ。そんな感じですぐに慣れていった。

最初の3,4Kgは2ヶ月位で落ちた。そこからの3,4Kgは月1Kgペースで。そこからは2ヶ月で1Kgにさらにペースが落ちる。それでも8月には10Kg近く痩せて目標までにあと1Kgに迫った。もう楽勝ムード漂いまくりである。

しかしここからが長かった。あと300gまで迫っては遠退き、迫っては・・・の繰り返しで、この方法ではここまでが限界か・・・という感じであった。多分ここで、1食抜くとか自転車で遠出するとかすれば簡単に達成することはわかっているのだが、そんなずるをしてはいけないのだ。

しかしそれから3ヶ月。やっと目標体重に到達!大変ではなかったけど、長かった。あとはこの体重を維持して行くために上のルールを守るだけである。これ以上やせる気がしないし。

ちなみに一番うれしかったのは太る前に持っていたスーツと服がまた着れるようになったこと。うれしくないのは太った間にかったワイシャツがダブダブなこと。そんな感じ。
[PR]
by jinotaro | 2006-11-22 10:01 | etc

FOMAP903i買い増し

なんて今頃書いてるけど、買ったのは発売日の11月3日。今までSH901iを使っていたが、ナビウォークが使いたくてauのW41Hももっていたりしていたので、GPSが標準装備になった903を買うことにしたのだ。3日ですがそれなりに使ってきていくつか思うところが出てきたので、そのあたりを。

目的のナビはと言うと、標準で入っているのはauと同じナビタイム製のもの。だから使い勝手もおんなじ。ただauと違い公式サイトの中のひとつが提供するアプリとして扱われるため、それ以外にもナビアプリを出せるのだ。今はゼンリンがナビサービスを提供している。簡単に特徴を書くとこんな感じか。

【NAVITIME for P(プリインストール)】
・au版と違い、ナビウォークと助手席ナビが同じアプリ、サービスで提供される。
・場所検索のための情報が多い(名前の部分一致でもひっかかるっぽい)
・カーナビとしての完成度はこちらが圧倒的に高い。
・GPSによる位置情報の更新は10秒に一度くらいか。
・主導による地図のスクロールは遅く、通信によるデータの読み込み時は操作できない。

【ゼンリン地図NAVI】
・カーナビとしては使えない(交差点に入る直前に「その先を右です」とかいわれる)
・場所検索の条件が厳密なのか、お店や会社名はなかなかひっかからない。
・地図参照アプリとしては最高。すべてベクタによる描画で地図が書かれており、拡大縮小がおもいのまま。スクロールと同時に通信にて情報を読み出しており、ストレスがまったくない。

ということで、カーナビとしてはNAVITIMEが圧倒的に使いやすい。ただ、面白さ、気持ちよさという意味ではゼンリンが圧倒的。ゼンリンのアプリの熟成を期待したい。

それ以外の新機能というとメガアプリ。プリインのFF7とかやったけど、とりあえずすごい。ゲーム性は低いけど。iアプリが3Dに対応したときに出たリッジレーサーとかは「携帯としてはすごいね~」と思ったけど、ゲーム性はほとんどなかった。キー入力に対して反応が遅すぎるからだ。でもそのあたりは解消されている。

他に鉄拳2とか落としてみたが、最初のデータをダウンロードするのに「あと48分」と出てきたときにはびっくりした。SDカードにデータをダウンロードできることもあり、かなり通信を行うようだ。ゲーム自体は良くできている。ちゃんとキー入力に対応するし。でもいかんせん入力インターフェースが貧弱すぎる。携帯のキーじゃむり。あと1回の戦闘を行うたびにデータロードに数分かかるのはいただけない。

あとは新機能ではないが、iモーションプレイヤーはそれなり。携帯動画変換君でP902iSの設定にしたがって動画を作ってみたが、横方向に全画面化しての表示で十分満足できる品質だ。またSDオーディオも試してみたが悪くない。インターフェースも気に入ったので、iPodがわりにしばらく使ってみることにする。音質は期待できないと思うが、携帯用の巻き取り式イヤフォンを買ってみた。

最後はbluetooth。本当はこいつがほしくてVGAのN903iではなくP903iを買ったのだが、調べれば調べるほどテンションが落ちていく。音楽再生時に使えればなぁ、とおもっていたのだが、優先なら70時間再生できるくせにbluetooth経由だと3,4時間しか再生できないらしい。ということでbluetoothは車内のハンズフリーにのみ使うようになりそうだ。willcomのサイトで車載用のハンズフリーセットが1980円。圧倒的な安さなので思わず購入。

というような感じで、とりあえずP903iを楽しんでいる。また何かわかったら書きたいと思う。
[PR]
by jinotaro | 2006-11-06 23:04 | mobile

男二人でドライブ

同僚誘って朝の7時からドライブに。だけど自分の車じゃなく「俺の車に乗っていこう」という同僚の言葉に負けて同僚の車で。ナビがないのがちょっと怖いけど。コースは毎度おなじみの
川崎→(第三京浜-横浜新道-湘南バイパス-西湘バイパス)→小田原→(ターンパイク)→芦ノ湖→乙女峠→長尾峠→御殿場→(東名)→川崎
というようなコース。

自分の車と同じ車種なのだが、仕様がかなり違う。クラッチも強化されてるしフライホイールも軽量化されている。そのおかげかアクセルのツキも良く、運転していて楽しい。燃費を少しでも良くするためにブーストメータが正圧にならないように気をつけながらスピードを出していく。

3連休の初日の割りに道はすいており、途中の一般道が少し混んでいたものの小田原までは1時間半ほどで着く。そこからターンパイクに入り「ドライブイン大観山」を目指す。ワインディングを楽しみつつ途中写真を撮りながらゆっくり上る。ターンパイクは道幅が広く車もワインディングが続くため、ドライブを楽しみたい車がくることが多い。そのため珍しい車が見れることが多いのだが、今日はフェラーリF355を見かけたくらいで特に面白い車はなかった。

しかし大観山に入ると一気に面白い車が!まずはFORD GT40!GT40は1960年代後半にル・マンで活躍したスポーツカーで本当に限られた台数しか世の中には出回らなかった車だ。だからレプリカかもしれないけど、すごい迫力だった。人様の車なので写真は気持ち小さめ。




ほかにもロータスオーナーのオフ会らしき所に遭遇。ロータスヨーロッパとロータスエリーゼが並んでいた。さらにその後方にトミーカイラZZまで発見!トミーカイラZZは乱暴に言ってしまえば日産のSRエンジンをパイプフレームに乗せてさらにその上からFRPで作ったボディをかぶせただけの凶悪な車だ。いや、ほめてるんだけどね。ちなみにここまで紹介した車は全部ミッドシップ。なんて幸運な日なんだ・・・




エンスーな車たちを堪能した後は、仙石原に。ここのススキは有名で、祝日の今日は予想通り、すごい人だった。一本しかない道は人であふれかえっている。なのであまり深入りはせずに入り口付近で写真を何枚かとって帰る事に。

あとは乙女峠、長尾峠を通って御殿場に下り、ファミレスで昼食をとった。そこから東名に入って川崎にもどる。その後なぜか二人で秋葉原に行ったりしたのだが、それは省略ってことで。
[PR]
by jinotaro | 2006-11-04 12:34 | car