日々のくだらない話題について


by jinotaro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

IMG_2027 IMG_2026
IMG_2034 IMG_2038

ここのところ毎年、クリスマス(イブ)は彼女の実家でクリスマスパーティをやって過ごしている。
自分にとってクリスマス=プレゼントだったので、パーティそのものを楽しむなんてことはまったく無かった。それに小学校までしかやらなかったので実ははじめはちょっと途惑っていた。でも今は楽しみでたまらない。

で、今年のパーティも豪勢な料理とケーキが机の上に並んだ。本当にいつも作ってくれる方々、買ってきてくれる方々、マジ感謝です。
[PR]
by jinotaro | 2007-12-26 09:15 | life
今日から始まったauのPC定額サービスの「WINシングル定額」。ウィルコムもEMOBILEも契約してるのに、さらに契約しちゃった。指きたっすサイコー。

簡単にインプレッションすると、Webを見る分にはまったく困らないスピード。WindowsXPのリモートデスクトップを使用すると、多少こちらの操作に対して一瞬遅れが出るが、ウィルコムのAirHと違っていらいらするほどの遅れでもない。AirHでリモートデスクトップを使うと画面が出るのに1分、ウィンドウを切り替えるのに10秒という感じで使う気にならないのだが、これなら使える。りなざうでもクロックを標準に落とせば使えるのがありがたい。

でも悪いところもある。上り方向は遅い。メールで大きな添付ファイルを送ったりするとつらいのではないだろうか。2chの報告スレみてると地域によってだいぶ差があるみたいだけど(アップで500K以上でてる地域もある)。あとでかい。りなざうにさすと違和感ありあり。

りなざう+W05K

でもまぁこれでウィルコムに死亡フラグがたったような気がする。ウィルコムに1万以上出しても得られない速度とサービスエリアをauは6000円弱のサービスで提供しているわけだから。少なくともx8の料金をx2の料金まで落とさないと厳しい。WiMAXの免許は取得できたみたいだけど、サービス開始まではウィルコムにとっては冬の時代が来るんじゃないかと勝手に予想。

以下、神奈川県川崎市からの計測結果。

■au(W05K)
=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.2 - Test Report ===
測定条件
 精度:低 データタイプ:標準
下り回線
 速度:438.9kbps (54.86kByte/sec) 測定品質:0.0
上り回線
 速度:81.72kbps (10.21kByte/sec) 測定品質:40.8
測定者ホスト:**************.au-net.ne.jp
測定サーバー:東京-WebARENA
測定時刻:2007/12/22(Sat) 15:45
------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
============================================================

■ウィルコム(AX420S)
=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.2 - Test Report ===
測定条件
 精度:低 データタイプ:標準
下り回線
 速度:123.6kbps (15.45kByte/sec) 測定品質:0.0
上り回線
 速度:109.8kbps (13.73kByte/sec) 測定品質:89.4
測定者ホスト:**************.ppp.prin.ne.jp
測定サーバー:東京-WebARENA
測定時刻:2007/12/22(Sat) 14:55
------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
============================================================

■EMOBILE(EM ONE)
=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.2 - Test Report ===
測定条件
 精度:低 データタイプ:標準
下り回線
 速度:1.125Mbps (140.6kByte/sec) 測定品質:61.7
上り回線
 速度:361.8kbps (45.23kByte/sec) 測定品質:96.4
測定者ホスト:***************.pool.emnet.ne.jp
測定サーバー:東京-WebARENA
測定時刻:2007/12/22(Sat) 18:22
------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
============================================================
[PR]
by jinotaro | 2007-12-22 18:54 | mobile

一週間連続そば

c0001377_1349162.jpg

もちろん昼御飯のみの話ですが。渋谷の須坂屋のへぎそばです。飲んでばっかなので調整のためなんですが、思いの外体の調子がいい。しばらく続けよう。
[PR]
by jinotaro | 2007-12-14 13:49
c0001377_10581780.jpg


もう3年近くビクター製のカナルタイプイヤフォンにソニー製イヤーパッドを組み合わせた改造イヤフォンを使っていた。これはこれでなかなかよかったのだが、難点はイヤーパッドがすぐ取れる事。無造作にiPodごとかばんに突っ込むと、かなりの確立で次に取り出したときにかばんの中に落ちているイヤーパッドを探す羽目になる・・・

そこであらたにオーディオテクニカのATH-CK52をかったのだが・・・これが笑っちゃうくらいひどい!低音は全く出ず高音がつきぬけている。ドンシャリならぬシャリシャリ音であった。仕方ないので新たにアマゾンでレビューを見て、よさそげだった同じオーディオテクニカのATH-CK9を購入した。

一晩エージングして今聞いてるのだが、下から上までフラットに出ている。解像度も高い。まぁ、学年15位くらいの優等生なかんじ。悪く言えば個性が無い。でも音量絞っても音楽が楽しめるので耳に優しそうなところは○。まだ評価を下すには早すぎますが今のところ満足っす。

しかしオーディオテクニカはもっと下のモデルにも力を入れてほしいよ、まったく!
[PR]
by jinotaro | 2007-12-13 10:36
最近また散歩にこっている。先月は三島の湧水探索、先週は伊豆の天城越えに行ってきた。そして昨日は奥多摩のむかしみちを歩いてきた。ちなみに今の青梅街道は道路を作りやすい場所に通しているので、その前から使われてきた青梅街道とはちょっと違うのだ。奥多摩むかしみちは道路が通る以前の青梅線奥多摩駅から奥多摩湖までの青梅街道を再現したものだ。大昔使われていたというだけあって山道が多いが、集落の中を通ったり、かつて小河内ダム(奥多摩湖)を作るための物資の輸送に使っていた鉄道の線路の上を歩けたりとなかなか面白い。ここを歩くのは2回目だが、あらためてむかしみちの良さを認識した。

奥多摩駅から5分くらい歩くとむかしみちの入り口についた。廃線跡を通り過ぎるとしばらくは山道が続く。さらに歩いてから30分ほど歩いて今の青梅街道にぶつかった。しかしなんかたくさんの警官がいて、道路が渋滞している。事故でもあったのかな・・・と思ったがスルー(でもこの後何回も私服警官に出会うことになる)。

奥多摩むかしみち いろは楓

奥多摩は寒い割りに意外と紅葉が遅いらしい。その中でも有名ないろは楓は本当にきれいだった。地元の人いわく、明日くらいで終わってしまうみたいだけど。奥多摩の紅葉は全体に色づくというよりも山の一部分がパッチワークのように赤くなっていたり茶色くなっていたりという感じ。自分は日光の紅葉のような一面真っ赤な紅葉というのが一番すきなんだけど、たまにはこういうのも悪くない。

そこから1時間くらい歩くと集落にでる。するといかにも私服警官と思われる人が地元の人に聞き込みをしている。ドラマみたいだ。聞き込みが終わったあたりですれ違う。気になりつつ通り過ぎようとすると彼女が地元の人に「何かあったんですか?」と聞き始めた。グッジョブ!どうやら青梅街道で人が亡くなっていたらしい。なるほどね~

さらに1時間くらいあるくと中山集落というところに出た。そこから奥多摩湖まではもう少しだ。その途中に奥多摩湖をせき止めているコンクリートの壁を見ることができる場所に来た。

奥多摩むかしみち 小河内ダム

こういう自然の中にある人工物は結構好きだったりする(上に書いたような廃線の跡とか)。で、写真を取り捲っていたら彼女が「なんか上にいる・・・熊じゃない?」とかいい始めた。上を見ても何も見えない・・・と思ったらなんか動いた。間違いない。体長1m~1m半くらいの熊だ!「おおおっ!」と思って写真を撮り始めると彼女が「ちょっと、なにやってるのよ!先行こうよ!」とちょっとヒステリックになっている。こんなチャンスめったに無いのに・・・と思って写真をとってたら彼女がキレ気味に「はやくっ」と叫ぶので仕方なく移動・・・なのでこんな写真しか取れなかった。つうか、見えないな・・・

奥多摩むかしみち 熊出現

真ん中にいるんだけどね。気になる人は写真をクリックして一番大きいサイズで見てみて。いるような気分になれるかもしれない。

そこから15分くらいあるいてむかしみちは終了。1分も待たずにバスが来たので再び奥多摩駅に戻ってきた。戻る途中でパトカーがたくさん止まってる場所を通過。ここか・・・

あ、今回の写真は全部P905iで撮ってみた。普段はデジカメ持ち歩かなくてもいいや。こんだけ撮れれば。
[PR]
by jinotaro | 2007-12-09 14:19 | etc
mixiで外部ブログを使っていない人にはわからないと思うけど、mixiは外部ブログを排除しようとしてるんじゃないかというくらい更新が遅い。更新まで半日~1日かかることもざらだ。"mixi 外部 ブログ 更新 遅い"あたりでググルと同じことを感じている人のページがたくさん検索に引っかかる。

まぁそれなら外部ブログが更新されたら逆にmixi日記を使用して、そこに自分のブログへのリンクを書き込んでしまえ、という事で作ってみた。というか作ったのは先週の土日なので、ちょっときれいにして自分のアカウント情報を消して公開してみた。

/var/www/html/blogupdate.pl.20080212←右クリックして"blogupdate.pl"で保存

プログラムはこれ以上ないくらいベタ。Perlらしく行き当たりばったりで作ってるので、プログラムにケチつけないでね。その代わり権利なんて主張しないので勝手に改変しようが配布しようが好きにしてかまわないっす。

動作確認環境はFedora Coer 8 + Perl 5.8.8。LWPライブラリあたりがちゃんと入っていれば動くでしょう。

設定については以下の5箇所を自分の環境にあわせて変更すればOK。cookiefileやrssdatfileはシステムが勝手に使うファイルです。書き込める場所を用意してください。
あとはcronとかで5分に一回動かすとかすればよいはず。日記の内容を変えたい人はmakeBody関数をいじってください。

##### Blog XML URL
my $rss_url = 'http://hogehoge.exblog.jp/index.xml';
##### MIXI ID
my $mixi_email = 'hoge@hoge.ne.jp';
##### MIXI PW
my $mixi_password = 'hogepw';
##### クッキーファイル
my $cookiefile = '/home/hoge/.blogupdate_cookie.dat';
##### RSS最終日時保存ファイル
my $rssdatfile = "/home/hoge/.blogupdate_rss.dat";

※修正したのアップするの忘れてた。2008/2/11に更新しました。
[PR]
by jinotaro | 2007-12-07 20:45 | server

忌火起草

本当にPS3って人気無いのね。発売してからまだ1ヶ月半も立ってないゲームが、中古で半額で出ちゃうんだもの。俺にとってはありがたいけど。といっても、もう大作ロールプレイングなんてやる気力は無く、NINTENDO DSで遊ぶのが精一杯の俺にとって、買いたいPS3のゲームなんてそうは無い(じゃあなんで買ったんだよ、というのは置いておいて)。

そんな中「忌火起草」というホラーアドベンチャーゲームを買ってみた。大昔にスーパーファミコンで出た「弟切草」とシステム的にはほとんど同じ。選択肢を適当に選んでボタンを押すだけで先に進むゲームシステム(だから寝転がりながらでもOK)。だけど大きく変わったのは「グラフィック」と「音」。特に「音」に関して言うとDolyb Digitalに対応しているので音が360度自分を包み込む。作りものだけど、とてもリアル。

安物だけど我が家のリビング(という名前の和室)には、Dolbyサラウンドに対応した環境がある。それでこのゲームをやると・・・本当に怖い。音だけでこんなに恐怖感を煽られるなんて・・・

以下ちょっとネタバラシかも。自分が気づかないうちに自分の真後ろに人がいて耳元で呼吸するシーンがあるんだけれど、本当に後ろから耳元でささやくように相手の呼吸音が聞こえてくる。これだけで背中に冷たいものが走りまくり。そのほかにもさまざまなところで絵ではなく音による恐怖の演出がなされている。またグラフィックに関しては絵そのものがきれいというよりは、人の一部をクローズアップするような静止画が多く、怖さを煽ることに重きを置いている感じだ。特に目の表現には凝っている。血走る目や見開かれている目。凝視する目。ちなみにほとんどの画面は静止画で、本当に一部の画面のみ動画が使われているが、その使い方はうまい。逆シャアのブライトの核攻撃なみ。全部撃ち落されたけど。

まぁゲーム自体は一回あたりの選択肢はそれほど無く、ひたすら読むだけに近い。ただ何回もやることによってストーリーのチャートがどんどん増えて行く。あえてこのゲームに点数をつけるなら、AMAZONでは4点ついてるみたいだけど、俺もそんな感じかな。

ともかくPS3を持ってて、サラウンド環境を持っていて、中古で4000円以下でこのゲームを見つけたら買っても損はしないと思う。って、敷居高いなぁ(笑)。
[PR]
by jinotaro | 2007-12-07 08:31 | game
入れ替えたサーバのOSインストール編。

で、OSはこの際Xenベースにしようと考えてFedora Core 8+Xen 3.1.0を選択した。Fedora Core 8にしたのははじめからXen 3.1.0に対応していて楽そうだったから。まぁ実際にOSのインストールは楽だった。まだ11月頭にリリースされたばかりのディストリビューションなので、情報が無くて困りましたが。というか、Fedora Core 8は流行ってないのね~。Cent OS 5の方が情報がたくさんある・・・

初チャレンジのXenにはさすがに苦労した。Xenの上にVMをどうやってたてるかはディストリビューションに依存するのね。まぁxmコマンドを直接たたいてもいいんだけど、自動起動のためのスクリプトなどを生かすにはディストリビューションに従った方がよい訳で。Fedora Core 8では仮想マシンマネージャ(virt-manager)を使ってVMを構築するんだけど、Fedora Core 7までは/etc/xen以下にVMの情報がテキストで保存されていたのがFedora Core 8では見当たらない。どうも/va/lib/xen以下にあるバイナリファイルが怪しいのだが・・・で、ホストOS(Fedora Core 8)起動時にゲストOSも同時に起動させる方法がいまだにわからず。仕方ないので今は手動で起動。

しかしXenは本当に早い。Xenには以下の2種類の仮想化の方法がある。

準仮想化・・・ ホストOSのCPUに制限は無いが、Xenに対応しているOSのみインストール可能。Xenに最適化したカーネル、ドライバを利用することで仮想化のためのオーバーヘッドを小さくできる。つまり速い。

完全仮想化・・・ホストOSのCPUが仮想化のための機能(Intel製CPUであればVTのような)を持っている必要があるが、完全にPCを仮想化したバーチャルマシンが使用可能。そのためXenに対応していないWindowsなども動かすことができるが、遅い。

準仮想化でCentOS5を入れたのですが、ベンチマークとってもHDDのスピードも5%くらいしか変わらない。Apahceのコンパイルなどで単独で立てた場合と、CPUひとつ文を割り振ったホストOSとでどのくらいちがうか試したのだけれど238秒が208秒に。速くなってる・・・。ちなみにゲストOSでいくら重い作業をやってもホストOSには(見かけ上)影響を及ぼさない。実際にはCPUやHDDを取り合っているので、ゲストOSでHDDを使いまくっていればホストOSにも影響があるはず。

で、ためしに完全仮想化でWindows2000も入れてみたのですが、まぁこのスペックでWindows2000を使うと速い(笑)!でもWindows 2000上で重い作業をするとゲストOSのCPU使用率も上がっていくあたりが完全仮想化の問題点でしょう。

でもXenにしてよかった。マシンを増やさなくてもテスト環境がいくつも増やせる。もうちょっと使ってみてXenのデメリットも含めて洗い出していきたいと思う。
[PR]
by jinotaro | 2007-12-05 03:21 | server
 はじめは単なるお遊びで立てた我が家のインターネットサーバだが、少しずついろいろなものを乗せていくうちに無くてはならないものになってしまった。その割りにしょぼく、バックアップもスクリプトを書いて最低限必要なSVNなどを自動バックアップしているくらいで、OSが死んだらどうしようもない状態だった。しかも使いまくってる割にCeleron 2.5G/メモリ512Mとスペック的にも弱い。さらにPHP4と5を同居させたいとか、DBもいろいろなロケールのものを同居させたいとかいろいろ要望も出てきて新規に構築することにした。

ハードウェアはこんな感じ。

 CPU : Athron64x2 4000+
 メモリ: 4GB
 M/B : Gigabyte GA-MA69G-SE3(AMD690G)
 RAID1 : ハードウェアRAID(ARAID99 2000)
 HDD : WD社320G x 2
 DVD : LG電子社製のスーパーマルチDVD
 電源 : 静音400W

これだけ買っても9万きります。RAIDにしなかったらさらに半額。デュアルコア+メモリ4Gで。いい時代だ・・・!

ハードウェアRAIDのARAID99 2000はいい感じ。5インチベイx2に入るんだけど、OSからは単なるSATAに見えるので、壊れてもOSとは関係なくHDD交換で自動的に再構築して復旧してくれるしスピードもまぁまぁ。読み込みスピードが75%程度しか出ていませんが、最近のHDDは速いのでこれだけ出ていれば十分だ。書き込みスピードに関してはあがっちゃってますが、まぁ誤差でしょう。ほとんど変わらないということだ。Apacheコンパイルに関しては早くなっちゃってる。よくわからん。

ノーマル : Read 70.0MB/s Write 66.1MB/s Apacheコンパイル: 254秒
ARAID99 2000 : Read 52.2MB/s Write 68.6MB/s Apacheコンパイル: 238秒

あ、ちなみにこれは先週末の話です。とりあえずハードウェアに関してはこんな感じ。OSに関しては別に書こうっと。

【追記】インストール記録はこの辺
 → サーバ構築備忘録
[PR]
by jinotaro | 2007-12-05 03:07 | server