日々のくだらない話題について


by jinotaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

車の速度やエンジンの回転数、冷却水温度やブースト圧などの情報を取得し、Android上で表示するソフトが有るということで早速試してみました。



必要なのはELM327と呼ばれる車のOBD端子より車の情報を取り出し、Bluetooth/USB/Wifiで送信するアダプタが必要になります。今回は三月兎で6000円弱のBluetooth版をで買ったのですが、楽天のお店で買った3000円弱のやつは何回交換しても30秒で通信が切れるというシロモノでした(返品しました)。ELM327は中国産のかなり安価なクローンが出回っているので、気をつける必要があります。ODB端子自体はここ7,8年くらいに販売開始した車なら必ず付いていると思います。特に欧州や米国で販売されている車なら2000年前後発売の車種でも付いているはずです。



取り付け手順は簡単!

1.車のOBD端子にアダプタを付ける。
2.AndroidのBluetooth画面でデバイスをスキャンし"CBT"というデバイスを
  リンクする。
3.Android MarketでTORQUEというソフトを購入し(300円だったかな・・・)、
  インストールする。
4.設定画面のOBD ADAPTERの選択で"CBT"を選択する。

あとは好きなようにメーターや単位を設定するだけです。僕は2種類設定してみました。設定したメーターはフリックで切り替えることが可能です。



普段使ってるのはこの画面。左上から速度計・ブースト計・時計・タコメーター・冷却水温度です。



高速や山に入るとこっち。速度計とタコメーターです。

反応は0.3秒ほど遅れる感じですが、特に問題にはならないです。また表示できる項目も排気温やアクセル開度といった車のセンサーで取得された値であったり、Androidのセンサーで取得した縦G・横G、それらをもとに計算したトルクや馬力など様々です。車を持っていて、色々と情報を表示させてみたい方は是非!
[PR]
by jinotaro | 2011-07-03 23:54 | car