日々のくだらない話題について


by jinotaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最初はグ(ry

某レストランでの一コマ。

彼女の妹:それ最後のたばこだよね。じゃんけんで決めよう。
彼女: いいよ。

彼女&彼女の妹: 最初・・

彼女:   はグー(グー)
彼女の妹: から!(パー)

彼女の妹がまんまとたばこを持って行きましたとさ。

みなさんも大事な場面で是非。
[PR]
# by jinotaro | 2009-05-15 23:07 | life
最近仕事でSSL証明書について調べていたら、数千円で作ってくれるところがたくさんあって驚いた。大昔、ベリサイン様に数十万円貢いでお作りいただいていたころが懐かしい。どうもアメリカのRAPID SSLというところが、格安の証明書を乱発しているようだ。ということで、いらないけど洒落で自分の個人的なドメイン用に作ってみることにする。

今回はServerTastic社のサービスを利用することにした。"格安 海外 SSL"でぐぐったら一番上に出てきたからだ。他社からの乗り換えキャンペーンだと$10から作ってくれるらしいが、今回は新規なので$12である。それでも安い・・・

まずアカウントを作り、その後にCSR(証明書発行要求)を作ってWebから送信する。あとは必要な情報を入力すると、すぐにメールで証明書(CRT)が送られてくるのでサーバを設定する。これだけだ。ちなみに設定は、CSRの作り方サーバの設定方法もRAPID SSLのHPを見ればすぐわかるようになっている。

ということで、早速取得&設定してみた。ここまで30分。CSRの作成をあらかじめやっておけば10分くらいで手続き&証明書の入手が終わると言うことになる。

作ったページ

FireFox3、IE7、Google Chromeで確認したらちゃんと見れている。ただしiPhoneのSafariは問題が無かったが、P905iのiモードでアクセスするとルート証明書が登録されていないらしく警告が出た。この件でぐぐると、RAPID SSLの証明書は携帯からのアクセスには向かないらしい。

もう個人でも30分で簡単にとれてしまうようなSSL証明書は信用ならんと言うことがよくわかった。EV SSLに期待しよう。

ということで、あぁ、満足・・・もうこのページを見ることは2度とないであろう。ちなみに前職の会社の証明書はどこの使ってるのかなぁ・・・と思って調べたら、思いっきり同じルート証明書が使われてて吹いた。
[PR]
# by jinotaro | 2009-04-28 15:51 | server
会社としては3月末納品になるが、自分が開発を担当していた部分はやっと一段落した。10年エンジニアをやってきたのに、ここ数ヶ月やってきたことは未経験の事ばかりだった。使用した言語はサーバ側がC++、クライアント側をC#とどちらも仕事としては初体験。また、技術要素的にもマルチスレッド、非同期通信、SNMP、Windowsサービスと新規要素が盛りだくさんだった。

新規要素てんこもりの開発の中で、特に印象に残ったのはC++による開発である。C++自体は本などは読んでいたし前の会社では勉強会にも参加していたのでどんなものかはわかっていたけれど、実際に開発するといろいろトラブルが出てデバッグも大変そうだな、という印象を強く持っていた(C++だけではなくCも含む)。

もともとC++開発部分についてはうちで開発する予定ではなく、フレームワークだけをうちが作って、ビジネスロジックは発注元が作る予定だった。そしてフレームワーク部分については元同僚に発注し、11月の時点で予定通り納品は終わってしていた。しかし色々あって、ビジネスロジック部分もうちに開発依頼がきたのであった。自分の中では「出来るだろう」と「大丈夫かなぁ」が半々の状態だったので、出来れば他に発注したかった。しかし予算的な都合により(以下ry

ちなみに自分で自分のエンジニアとしての開発能力を評価すると10段階評価で6くらいかな、と自己分析している。真ん中よりは上だと思うけど、上にはまだまだいるよなぁ、という事だ。自分の持ち味は開発能力というよりも新規技術の取り組みや実際にそれを実験して自分の経験にした上で、それを設計に生かすことにあると思っている。だから純粋に開発能力を要求されるとちょっとたじろいでしまうのだ。

しかし実際に開発を始めてみると、思った以上にスムーズに開発に入ることが出来た。理由は大きく分けて二つ。一つはVisual Studioが噂通りよくできていたこと。そしてもう一つはフレームワークのできが想像以上によくできていたこと(この件はまじでF氏に感謝)。

最後に、Javaを中心に書いてきたエンジニアがC++で開発して思ったことを五月雨式に。

・C++でかけば楽。
・十分CPUが早くてメモリに余裕がある環境ならば、多少のメモリや
 CPUのオーバーヘッドは気にせず、安全なコーディングを 
 心がけた方が結局楽。
・スコープが消えたときに、自動的に解放されるメモリとされない
 メモリのの違いを 早い段階で理解すればGCが無くてもさほど
 怖くない。
・STLも便利。というか、無かったら死亡。
・ヘッダファイルがうざい。この点はC#とJavaが圧倒的にいい。
・VisualStudioはMS製品とは思えないほどよくできている。GJ。
[PR]
# by jinotaro | 2009-03-18 12:32 | etc

明日の神話

岡本太郎 - 明日の神話

岡本太郎が40年前にメキシコでホテルの壁画として作成した「明日の神話」という作品は、経営者の資金繰りの悪化によるホテル放棄により、35年もの間放置されていたらしい。しかし4年前に「明日への神話プロジェクト」という修復プロジェクトを立ち上がり、日本テレビの本社にて、展示されたのが2年半ほど前のことだった。この時は汐留に行く用事がたまたまあって、修復直後の壁画を見ることが出来た。

その後、恒久的な設置に向けて誘致合戦が繰り広げられていたが、結局渋谷のJRと京王井の頭線の連絡通路(マークシティ)に2008年10月設置されることになったのだ。

ということで昨日やっと見ることが出来た。人のサイズと比較してもらえばわかると思うけど、本当にでかい。また壁画と言っても近くにいくとわかるけど、立体的なのだ。原爆実験をテーマとした壁画だけあって、死のイメージが感じられるのだけれど、どことなくあっけらかんとした雰囲気が岡本太郎らしいと思う。

是非渋谷に行った際には一度見にいってみてくださいませ。ちなみにこの写真はiPhoneで何枚かとった写真をパノラマ写真にしてみました。そうじゃないと1枚の写真には出来ないくらいに大きいです。
[PR]
# by jinotaro | 2009-02-02 00:56 | etc

アレがきた

ノートパソコンが好きなんですよ。過去に買ったノーパソを改めて羅列するとこんな感じ。

・NEC PC-9801 NOTE初代→NS/E→NS/T→NA/C→9821Ne
・Compaq Contura Aero
・IBM ThinkPad235
・DEC HiNote Ultra
・SONY VAIO TYPE C1
・CASIO カシオペア FIVA
・SONY VAIO TYPE T初代→3代目
・他にも多数あるはずなんだが、覚えてない・・・

ここまでで購入金額250万越えです。高校生の時によく40万以上した98NA/Cとか買えたな、俺。まぁ、実際はノートパソコンが好きと言うより小さいガジェット、特にPDAがすきなんですよ。中学校の頃に手に入れたポケコン(PC-1350/1360K/1600K/E500、PC-1000/890FX)に始まり、シャープ電子手帳(初代→MI-E1)、NEC ET-1、初代Palm、DOSモバ、Zaurus(860→3000)など、こちらも数得きれないくらい・・・こっちも50万は超えてるな・・・

まぁそんなこんなで、VAIO TYPE Pを手に入れたのは当然の流れだったわけです。VAIO TYPE Pの発表前から始まっていたティザー広告にメール登録していたおかげで、一般予約開始日の前日に予約することが出来ました。カスタマイズで付けたのはBluetoothとSSD 64GBのみ。そしてCPUをZ540(1.86GHz)に変更してみました。

1/20到着予定でしたが、1/16に発送メールがとどき、めでたく昨日(1/17)のお昼頃に到着。で、色々いじりまくってしまったあとなのですが、写真を撮ったので載っけておきます。


こんな風に簡単にもてます。590gですから。


DSと比較、になってないな・・・


EeePC 901-16Gと比較。横幅が少し大きく、奥行きは2/3程度。

まぁ、いろんな所にレビューが載ってるので、ここでは簡単な感想のみを。

■○なところ
・キーボードはすばらしい。普通に打てる。
・音は全くしない。気持ち悪い。
・Vistaでメール+ブラウザ+Officeで使う分には普通に使える。もちろん
 画面効果(半透明とか)は全部Off!

■×なところ
・小さい画面にこの高解像度のディスプレイはつらい。文字が小さすぎる。
・重い処理をさせると左手の下が熱くなる。
・スティックポインタが過敏すぎて、すぐ押してしまう。(結局この機能はOffに)

■その他感想
・普通(メール/ブラウザ/Office)に使う分には別にXP化する必要ないよ。
・ニコ動も普通に見れるよ。全画面は駄目。
・前評判通り、指紋はつくよ。
[PR]
# by jinotaro | 2009-01-18 01:35 | mobile
FreeNASとはTeraSationみたいなNAS(Network Attached Strage)をPCで安価に作成するためのフリーソフトウェアだ。8,000円を切っている1TBのHDDを4台、安いAtomのマザーボード、2000円切った2GBのメモリ、あとは安価なケースを組み合わせれば5万円以内で4Tバイトの容量を持つNASが作れると言うわけだ。

しかし実際にどれくらいのパフォーマンスを持つか調べてみないと・・・ということで、とりあえずテスト。インストールはものすごく簡単。というか、インストールは必要ない。まずはFreeNASのサイトからイメージをダウンロードし、DD for Windowsを使って書き込むだけ。あとはこのUSBでPCを起動させればNASができあがる。まぁ実際にはネットワークの設定などもするのだが、このあたりは省略。

で、いくつかのパターンで構築し、ベンチマークを取ってみる。まずは現在の環境でベンチマーク。まずは旧テラステーションで構築したRAID5にたいして、VistaからCrystalDiskMark2.1を使ってベンチマークを取得した。

TeraStation-RAID5

次にWindows 2003 Server上に構築したRAID5に対してベンチマーク。CPUはArhron64 X2 4000+で、ディスクはWD10EACSを4台でRaid5を構築している。

Windows-RAID5 Benchmark

そしてここからがFreeNAS。CPUはArhron64 X2 4000+で、ディスクはWD10EACSを2台でRaid1を構築してベンチマーク。

FreeNas-RAID1 Benchmark

次に同じくFreeNASで、ディスクはWD10EACを3台でRaid5を構築してベンチマーク。Windows Server 2003+RAID5とのベンチマークと比較する場合にはCPU,HDDは同じだが、HDDの台数がFreeNASは3台の点に注意。4台は用意できなかった・・・

FreeNas-RAID5 Benchmark

最後にFreeNAS+RAID1なんだけど、RAID1上にiSCSI Targetを作成して、それをVistaからマウントしてそこにベンチマーク。

FreeNas-RAID1-iSCSI Benchmark

以外と早くないことにびっくり。CIFS経由でアクセスするよりはオーバーヘッドがない分、iSCSIの方が早いと思ったんだけど、見事に裏切られた。

なんとなく、読み書き速度が40M行かないのはネットワークカード(Vista、FreeNASともにRealTek 8169)のせいな気もしなくもない。でも今の状態でも十分使えるスピードだ。次はiScsi+VMWare ESXiの組み合わせでテストしてみたいと思う。
[PR]
# by jinotaro | 2009-01-11 18:34 | server

バイオリン

4才の頃から親にバイオリンをやらされていた。でもあまりにもつまらなくて、小1の時に親にお願いして辞めさせてもらった。にもかかわらず、小3の頃にたまたまバイオリン教室の募集が新聞のチラシに入ってるのを見て、親の前で「バイオリンもまたやってみようかな・・・」とつぶやいてしまったのだ。それがために、また高校2年生までバイオリンを続ける事になってしまった。ちなみに今考えても、あの時バイオリンなんてやりたくなかった。なんであんな事、つぶやいてしまったのだろう・・・

それから20年。突然、彼女の妹のオケに誘われた。シンバルなら良いよ、と何度も言ったんだが、どうやら妹さんの中ではバイオリンで参加することになってるらしい。この20年間、自分のバイオリンにはさわったこともないのに、だ。

・・・でもまてよ・・・去年の末に母親が突然「おまえのバイオリンにヒビが入っててねぇ。修理しておいたよ。」と言う話をしてきたな・・・今考えればあれは死亡フラグだったのか・・・

まぁそんな事を言っていても仕方がないので、まずは実家にいってバイオリンをもらってくる。そしてとりあえず弾いてみたが・・・チューニングすら満足に出来ない。チューナーを使ってなんとかチューニングしてみたが、もらった楽譜なんていきなり弾けるわけもない。というか、楽譜と指がぜんぜん一致しない。チューナーみながら基本的な指使いを練習するだけで精一杯。そもそも4本の開放弦の音すら覚えていない状態なので、オケなんてとても無理だな~と思いつつ、amazonにて教本を2冊ほど購入。 ←これが昨日。

バイオリン

で、今日届いたので早速練習開始。基本的な指使いとボーイングはなんと体が覚えていた。ナイス俺。なのでそれなりに音は出る。でもスラーやタイが入るともうぼろぼろ。ただ前にやっていたときと違うことが一つある。すげえ楽しい。まだ2弦しか使っていないのでたいした曲も弾けないのけれど、思わず2時間ほど弾いてしまった。で、筋肉痛になった。 ←いまここ

でも昔はぜんぜん楽しくなかったのに、何で楽しいのかねぇ。楽しい時間が少しでも長く続くと良いけど。

そして一個だけわかったことがある。あと数ヶ月オケなんて絶対無理だから。無理だからー!
[PR]
# by jinotaro | 2009-01-08 21:40 | life
c0001377_0492462.jpg

みなさま。
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

今年は亀戸天神に来てますが、めちゃ混みです。

今年もよい年になりますように。
[PR]
# by jinotaro | 2009-01-01 00:49

VPSのススメ 再び

ちょうど2ヶ月前に「VPSのススメ」というエントリーを書いたのだが、その続編。ぶっちゃけ、海外のVPSは馬鹿みたいに安い!アメリカのWEB HOSTING TALKという掲示板がある。ホスティングやVPSなどについての掲示板なのだが、そこのVPS広告のフォーラム等を見てると安すぎて笑いが止まらない。

その中で一週間ほど前に見つけたのが、クリスマスセールと称してTHE NEW YORK NOCが出してた奴。スペックはメモリ512M、HDD10G、1ヶ月間の転送制限1テラバイト。これで値段はなんと月額”$5”! 円高の今なら450円ですよ。1年間一括払いだが、それでも5,400円。思わず条件反射で契約してしまった。

OSもUbuntsやDebian、CentOS等から選択できる。会社用に契約したCPIと異なり、サポートは全部英語だし、コントロールパネルも使いにくいし、ネットワークレスポンスもちょっと遅い(Pingで安定して120ms)。だけど値段は1/4でメモリは2倍ある。

とりあえず、さくらインターネットとロリポップに持っていたドメイン3つをかき集めてこちらに移管する。DNSとWebとメールをマルチドメインで使えるように仕立ててみた。当たり前だけど普通に使える。メモリが512Mあるので、Hyper Estraier(形態素解析する検索エンジン)みたいなメモリを食うようなソフトもさくさく動く。車のメンテナンスでいつもお世話になっている、ナイトスポーツのBBSの検索ページをかなり昔からHyper Estraierで運用しているのだが普通に動く(ナイトスポーツの許可はいただいています)。こいつは元データがテキストで800M程度あるので処理も重いはずなのだが、検索用のインデックスを作成も本文検索もさくさく動く。

自宅で動作させる事との一番の違いはその信頼性だ。まぁ業者が信頼できないという話はおいておくとして、基本的にはデータセンターにおいてあり、電源の心配もすることなく、デイリーでバックアップも取ってくれる。いまならドメインだって500円以下でとれるところもある。ぜひ興味がある人は、自分のサーバをたててみて欲しいと思う。
[PR]
# by jinotaro | 2008-12-27 18:34 | server

高級コンデジ選び

今まで使っていた富士フイルムのF100fdは決して悪い機種じゃない。夜景や室内撮りなどでは、手ぶれ補正と高感度撮影を駆使して失敗のない写真を作ってくれる。でも自分でコントロールできる幅が全くといって良いほど無いんだよね。自動車で言えば良くできたオートマ。だけど、それじゃ我慢が出来なくなってきた。

でも一眼レフほど大げさにしたくない。なので、高級コンデジなのだ。キャノンのG10、パナソニックのLX3、RICOHのGX200、ニコンのCOOLPIX P6000あたりで1ヶ月も悩んでいた。単焦点も含めればシグマDP1とRICOHのGR DIGITAL IIも選択肢に入れてたんだけど、絶対ズーム使いたくなるし、ワイコン/テレコンなんて面倒くさがりの俺が使うわけ無いと思って対象からあえて外した。

1ヶ月の間、ヨドバシとビックを見るたびにこれらの機種を使い倒した。その結果感じたのはこんな感じ。

CANON G10
レンズはF2.8/28mmから。LX3と比べればノイズはある物の、ものすごく素直に撮れる。秀逸なのはUI。ISO/モード切替/露出補正/ダイヤル(絞りやシャッタースピード変更)がハードウェアのダイヤルになっている。後はダイヤルがGX-200の位置にあれば完璧だったのに。欠点は大きさ。何せでかい。これは持ち運ぶのはつらいぜという大きさ。ただデザインはクラシカルなカメラっぽくて俺は好き。

Panasonic LX-3
F2の明るいレンズと広角24mmは本当によい。ノイズリダクションが効き過ぎてのっぺりとした画質になる傾向もあるけど、あまり気にならず。あの大きさで画素数1000万というのはバランスがいい(他はもっと高解像度の分、余裕がない)。光学ズームが2.5倍というのは無いよりましという感じ。タバコの箱を2周り大きくしたような形はグリップしにくいけど、持ち運びには良い。欠点はUI。カメラじゃなくて携帯さわってる見たい。絞りやシャッタースピードの変更はスティック上のボタン。もっとアナログな操作感が欲しい・・・

RICOH GX-200
これがカメラとしては一番面白かった。レンズはF2.5/24mmから。これが一番UIは秀逸。アナログダイヤルとアドジャストダイヤルという二つのダイヤルを持っているのだが、アナログダイヤルはシャッターの前にあり、ファインダー(EVF)をのぞきながら操作できる。マニュアル時もアナログとアドジャストの二つを別個に使いながら絞り/シャッタースピードを同時に操作できる。大きさもちょうど良いし、写真を撮る楽しみが一番味わえる。欠点は画質。特に暗いところでは結構ノイズがのる。3年くらい技術革新が止まった感じの絵になる。とはいえ、普段使う分には問題にはならないとは思う。Webにのせたり、L版で出す分には全く問題無いと思う。

NICON COOLPIX P6000
Web上の評判があまり良くなかったことと、スペックの割に無駄な機能(GPS、無線LAN)があるせいか、でかくてまじめに評価してない。NICONブランドだから期待はしてたんだけどね。ごめんね。

画質だけで言えばLX3だったのだが、今回の買い換えの目的は自分で撮りたい絵を撮れるカメラを手に入れること。ということで、G10とGX-200の一騎打ちに。まぁどちらが良いと言うこともなかったのだが、やはり画質に少し不満があった点と、EVF含めて買うとGX-200の方が1万ほど高かったので、G10を購入することにした。ちなみにあんなにビックとヨドバシで試写させてもらったのだが、価格.comの最安値と1万以上違う現状には我慢できず、安いところで購入。すまん・・・

ということで、以下は写真。今日はカメラの話なので写真はでかめ。全部表示し切れてないので、写真をクリックしてね。全部手撮りで、ISO100で撮ってます。

渋谷・宮益坂交差点のお店
渋谷・宮益坂交差点

渋谷アップルストアのサンタさん
渋谷アップルストアのサンタ

パルコ前のクリスマスイルミ
パルコワン前のクリスマスイルミ

渋谷駅前交差点から109
渋谷駅前交差点から109

最後に富士フィルムのF100fdでとった写真を。

駐車場にフォルクスワーゲン・・・が?!
川崎ラゾーナにあった謎のフォルクスワーゲン

決してF100fdが悪いという話ではなく、オートマでここまで撮ってくれるのだから満足です。ただ細部の表現が全部つぶれてしまっているのがわかると思います。この性能でもっと細かくカメラをコントロールさせてくれれば、もっと面白いのに・・・と思います。
[PR]
# by jinotaro | 2008-12-26 02:22 | camera