日々のくだらない話題について


by jinotaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

iPhoneを2ヶ月と2日使ってみた感想

僕は音声端末としてdocomoのP905iを、スマートフォンとしてイーモバイルのEMONSTER、PC用の通信カードとしてauのW05Kを使っている。ウィルコムもそれ以前は持っていたのだが、W05K契約時に使う用途がかぶるということで解約してしまった。

そんな中で2008年7月10日の夜、僕は悩んでいた。明日出るiPhoneを買うかどうか・・・ということについてである。悩んだ理由は果たして買ってもこれだけ端末を持っているのに、ちゃんと使うのかどうか自信がなかったからだ。

悩んだ結果、結局発売日に購入してしまった訳だが、この2ヶ月間使ってみた感想を現時点でまとめてみたいと思う。

■良い点
・ブラウザはFlashを使用しているサイト以外はほぼ完璧に、かつ軽快に見ることが出来る。また、ピンチ&ドラッグによる操作のおかげで、ページ構成が大きなサイトでもiPhoneの低解像度の画面で快適に見ることが出来る。

・サイトはブックマーク以外にもアプリケーションメニューに登録することが出来るので、アプリケーションのように使うことが出来る。

・Google検索用のバーは邪魔にならないところに標準で用意されている。

・メールはIMAPでしか使用していないが、ブラウジングに徹する分には快適。受信フォルダをクリックすると自動的にバックグラウンドで通信しにいったりするなど、ユーザの操作を妨げない工夫が色々してあって、操作はストレスを感じさせない。

・どんな画面を表示していようが、どんな操作をしていようがホームボタンを押すとホーム画面に戻る。何かをしたい(Webを見たい、メールを見たい等)ときにはホームボタンを押せばよい。シンプルな操作が気持ちよい。

・いくつかインターネットラジオ用のソフトを入れているのだが、3G回線使用時でも快適にストリーミングで聞くことができる。

・普段はあまり見ないYOUTUBEも時間つぶしに最適。WiFi使用時に比べて3G使用時は画質が大きく低下するが、外でも見られるということの方がありがたい。

・出先でもアプリケーションを簡単にApple Storeからダウンロードして使用することがことが出来る。有料ソフトも簡単に購入することが出来る。

■悪い点
・日本語入力がタコ。具体的には連文節変換が出来ないという点と、使っているうちに日本語入力がものすごく重くなる。このうち連文節変換が出来ない点については、昨日更新されたファームウェア2.1で大きく改善された模様。確かに連文節変換が出来るようになっている。ただし、文節の変更は出来ないみたい。入力がすごく重くなる点も修正されたかどうかについてはまだ未確認。どれくらい重くなるかというと1文字入力するのに10秒くらい待たされる。つまり使い物にならなかった。こうなると再起動せざるを得なかったのだが、2.1でどこまで改善されたかはもう少し使ってみないとわからない。

・コピペが出来ない。これは想像以上にストレス。たぶんスマートに操作する方法が無いということで、実装が見送られたんじゃないだろうか。ブラウザで検索した内容を元にGoogle Mapで検索する、等の操作が簡単に出来ない。

・バックグラウンドで動くソフトが制限されている。つまりメッセンジャーなどを使うときには常に全面に表示させる必要がある。といっても一概に悪い点とはいえないかもしれない。バックグラウンドで動くサービスをiPod以外は認めていないことにより、使い勝手が非常にシンプルになっている。Windows Mobile機では確かにいろいろな物を動かせるが、狭いタスクバーにたくさんのアイコンが並ぶことになってしまったりする。シンプルとはいえない。

■iPhoneを使うときの心得
・PCだと思わない
あくまでインターネット"ブラウジング"マシン。ビュワーとしては最高だと思う。

・長い入力はPCで
ブックマークの登録や連絡先の登録などはPCで行うべし。

・画面が汚くなっても気にしない!
だって操作は画面をさわって行うんだもの。

■iPhoneを買っても後悔しない人とは
・24時間ネットにつながっていたい人
検索したいことがあればGoogleから検索し、道に迷ったらGoogle Mapを立ち上げ、近況報告はTwitterクライアントから行い、メールはすぐにチェックして返事をしたいという人。日本の中にいる限りネットに常時接続できる。

・7280円2年間払い続ける事が出来る人
ネットに24時間つながることが出来る代償として7,000円以上の価値を見いだせる人。しかも2年間。

■はたして自分に後悔は・・・
冒頭に書いたiPhoneを本当に使うのか、という事についてだが、自分はというと・・・もう手放せなくなっている。インターネット中毒な事はよくわかっているのだが、出先でメールやWebを見たり、2ちゃんねる眺めたり、ゲームしたりすることが出来るのは本当にすばらしい。しかもキャリアの競争のおあげで、ものすごい山奥に行ってもつながるのだ。温泉好きでよくドライブに行く身としてはどれだけ助かったことか。

どうやらソフトバンクの孫社長は"控えめに"35万台の出荷を予定していたようだが、実際は15万台くらいしか売れていないと聞く。でももっと評価されてもいい端末だと思う。もっと広まってくれないかなぁ・・・
[PR]
by jinotaro | 2008-09-13 21:44 | mobile